屋根や外壁は日々、風雨や直射日光にさらされているため次第に劣化します。
リスクを低減するためにも10年毎の定期的なメンテナンスをご提案しています。
市川建設では、屋根と外壁を同時にリフォームすることをおすすめしています。
この2つの工事を同時に行うことで足場費用を抑えることができ、工期も短縮できるためです。

屋根塗装・屋根リフォーム

屋根はふだん目に入りにくく、劣化が進んでも見落とすことが多い場所です。しかし紫外線や熱・風雨を直接受ける過酷な環境のため、家中でもっとも傷みやすい部類に入る場所です。
外壁同様、屋根が古くなり傷み出すと雨水が家の中に入り込み、腐朽菌(カビ)で家の骨組みを駄目にしてしまいます。
落ち葉やゴミがたまっても水はけが悪くなり、雨漏りの原因になることもあります。屋根を早めにリフォームすれば、家を長持ちさせることにつながります。

屋根の葺き替え目安

スレート瓦 ガルバリウム鋼板
10年(漆喰部分のみ) 10~15年 15~20年
防水リフォーム

防水リフォームで腐食を防ぐ。
ベランダや屋上も、屋根や外壁と同様に日夜、紫外線や風雨にさらされています。屋根・外壁と異なるのは、人が歩くこともあるため負荷がかかりやすく、劣化も早い傾向にあります。ベランダ・屋上の塗装が劣化している場合は、防水性能の低下の危険性を考える必要があります。
防水性能の低下は、雨漏りのように直接わかる部分に問題が生じるだけでなく、目には見えない内側の建材を腐食させていることもありますので、ひび割れや剥がれを見つけた場合は、早急に防水性能の確認をする必要があります。気になる症状がある場合は、お早めに市川建設にご相談ください。

外壁リフォーム

住まいの顔とも言える大事な外壁は、外観を美しく見せる一方で、風雨や太陽光線、気温の変化などにもさらされ、汚れや劣化が進みやすい環境にあります。何の手入れもせずに、傷みやひび割れを放置しておくと、ひび割れが悪化したり、表面をこすった時に白い粉が出たり(チョーキング)、さらには水が浸み込んで内部が腐食、なんてことにもなりかねません。逆に、定期的なメンテナンスとしっかりとしたリフォームを行っていれば、数十年単位で使うこともできます。

外壁リフォーム

サイディング壁

サイディング壁

外壁を仕上げる板状の建材の事で、製品として出来上がったものを躯体に取り付けるため、作業性にすぐれ、仕上がりの均一化を図ることができます。

モルタル壁

モルタル壁

ラス(網状の金物)などの上からモルタル(水・砂(細骨材)・セメントを調合したもの)を左官で塗って、その上から吹付塗装やタイルを貼って仕上げるものです。

外壁の張り替え目安

サイディング モルタル
15~20年 10~20年