ライフスタイルにあわせ、住まいにも変化を。
将来を見据えて新築した住まいも子どもの成長や親世代の高齢化、家族構成の変化など時が経つにつれて使い勝手が悪くなることがあります。このような場合、建て替えを検討される方も多いのですが、既存の建物に愛着があり、思い切ることができないという方も多く見受けられます。
そんな住み慣れたわが家の面影を残しつつ、機能性や利便性を高めたいとお考えの方におすすめなのが、「改築」「リノベーション」です。建物をすべて取り壊して新しく作り直す建て替えとは異なり、改築やリノベーションは家族構成の変化などにあわせて、住まいを改築・リノベーションすることで老朽化した箇所をキレイに、そしてさらに居心地の良い空間に変貌させることができます。

増改築

リフォームと改築・リノベーションの違いとは

■ リフォームとは
一般的に「リフォーム」とは、老朽化した建物を新築の状態に戻すことを言います。
リフォームという言葉を使うときは、基本的に壊れていたり、汚れていたり、老朽化したりしている部分を直したり、きれいにしたり、新しくしたりすることを指します。
マイナスの状態のものをゼロの状態に戻すための機能の回復という意味合いとして使われることが多く、例えば、外装の塗り直しや、キッチンの設備の変更、壁紙の張り替えなどがリフォームに該当します。

■ 改築・リノベーションとは
「改築」はリフォームより広範囲・大規模な修繕で「建物の全体または一部を壊して同じような建物を作り直す」ことを指します。
一方、「リノベーション」は建物に手を加えることによって、“価値をプラスすること”で本来持っていた以上の魅力を生み出すことと言われております。
「改築」と「リノベーション」の線引きが難しいですが、間取りの変更やキッチンなどの設備のレイアウト変更やグレードアップなどが該当します。

より快適に過ごすために間取りの見直しをしませんか?

子どもが成長して住まいが狭く感じるようになってきたら、床面積を増やす増築がおすすめです。
増築は、工夫次第でそれまでよりも広さが感じられる空間づくりができます。
市川建設は、お客様のお住まい、ライフスタイルの現状から、最適なご提案をいたします。

市川建設は、このようなご要望にお応えします!
両親との同居のために、バリアフリー対応の間取りと両親の寝室用に和室を追加したい。
受験勉強に備えて、集中して勉強ができるように独立した子ども部屋を作ってあげたい。
平屋を2階建て住宅にしたい。
子どもが独立したので、今の間取りを変更して広々とした空間にしたい。